twitter ■お問い合わせ当サイトへのリンクサイト仕様

現在位置 > LostTechnology > Tips > フォントの破損を防ぐ

フォントの破損を防ぐ

Windows 95/98/Me

システムにインストールしているフォントの数が多くなってくると、Windows 95/98/Meではフォントの処理が正しくできなくなり、画面の表示が崩れることがあります。Window右上の_□×といった、最小化や最大化などのボタンがおかしな文字などになったらこの現象が発生しているはずです。フォントが回転して表示されたりするのも、おそらくこの現象の可能性が高いでしょう。

SafeモードでttfCacheを削除

このような現象が発生した場合、システムが表示を高速化するために持っているフォントキャッシュ情報(ttfCache)が破損しています。このファイルは隠しファイルなので、まず以下の手順で隠しファイルを表示するように変更しておかなければなりません。

エクスプローラ(マイコンピュータをダブルクリックなど)で表示オプションから、すべてのファイルを表示を選んでOKを押します。

次に再起動してSafeモードでWindowsを起動します。Windows 95ならば再起動後にF8キーを押し(連打したほうがいいかも)、Windows 98/Meでは起動時にCtrlキーを押しておいてください。

SafeモードでWindowsが起動したら、マイコンピュータからたどるなどしてWindowsフォルダ(通常はC:¥WINDOWS)を開き、そこにあるttfCacheを削除します。削除したらWindowsを再起動しましょう。フォントキャッシュ情報が再生成されて正常な表示になるはずです。

-

再発防止の方法 Case:A

日本語環境ではフォントキャッシュはあまり有効に機能していないので、ttfCacheが更新されないように変更するという方法がよいでしょう。正常にフォントが表示されている状態で、Windowsフォルダを開いてttfCacheファイルを読み取り専用に変更します。ttfCacheのアイコンを右クリックして、プロパティから読み取り専用にチェックを付けてOKを押しましょう。これで以後壊れることはなくなるはずです。

再発防止の方法 Case:B

もう1つ考えられる対策は、Windows起動時に必ずフォントキャッシュ情報を再生成するというものです。再生成のために起動までの時間が長くなりますが、英語圏のサイトをよく見るというような「フォントキャッシュが活躍するケース」ではこちらのほうがよいかもしれません。この場合の対策は、起動ドライブのautoexec.batファイルを右クリックして編集して以下の2行を追加し、Windows起動前に必ずttfCacheを削除します。

attrib -h C:¥windows¥ttfCache
del C:¥windows¥ttfCache

参考資料

Microsoftから「TrueType フォントが正しく表示されない」という情報で出ています。