twitter ■お問い合わせ当サイトへのリンクサイト仕様

現在位置 > LostTechnology > Tips > サーバーに伝わるアクセス情報

サーバーに伝わるアクセス情報

Webサイトを閲覧する際にサイトの管理者へ伝わる主な情報を掲載しておきます。ワンクリック詐欺などではったりをかける際に悪用されたりするので、どの程度の情報がWebサーバー側に伝わっているのかを知っておいても損はないでしょう。サーバー側に伝わる情報では現在接続しているあなたの接続情報を表示しています。

ほかにも表に追加しておいたほうがよい情報があるんじゃないかという意見がありましたら、ページ最下部のひと言メッセージで送ってください。

項目サーバー側に伝わる情報
接続元IPアドレス (REMOTE_ADDR)174.129.187.112
閲覧者のIPアドレスが表示されます。IPアドレスでは住所などの個人情報は取得できないので、ワンクリック詐欺サイトでIPアドレスが表示されたからといっても慌てることはありません。せいぜい利用しているプロバイダと住んでいる地域が(都道府県や市外局番レベルで大まかに)わかる程度です。なお、事件沙汰になった場合には警察からプロバイダに情報提供が求められて個人が特定されますので、匿名だと思って悪事をはたらくと痛い目にあうことでしょう。
転送元IPアドレス (FORWARDED_FOR)(none)
閲覧者がproxyサーバーなどを利用している場合の転送元のIPアドレスが表示されます。転送が行なわれていない場合はnoneです。匿名性のないproxyサーバーを利用している際には閲覧者のIPアドレスが表示されます。
ホスト名 (REMOTE_HOST)ec2-174-129-187-112.compute-1.amazonaws.com
閲覧者のIPアドレスに対応するホスト名の表示です。これを調べることで利用しているプロバイダを知ることができます。
使用しているブラウザ (HTTP_USER_AGENT)CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
閲覧者の使っているブラウザの情報が表示されます。MSIEが含まれていればInternet Explorer、Operaが含まれていればOperaという具合です。携帯電話の場合は、例えばNTT DoCoMoだとDoCoMo/ブラウザバージョン/機種名となっています。
リンク元アドレス (HTTP_REFERER)(none)
閲覧者が直前に見ていたページのアドレスが表示されます。直接アドレスを入力してきた場合はnoneです。これを参照することでサイトの管理者はどこからリンクされているのかを知ることができます。